FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァQ観てきました
3年!長かった!なんか、夏になってもあんまり劇場版の話出てこないなって不安になってたんですが無事公開してくれてよかった・・・
アニメ版の頃からのエヴァファンです。
始めて出した本はカヲシン本です。コピーで合同誌だったけど。カヲシンだいすきです。
そういえば漫画のほう最近読んでないんですが・・・読まないとな・・・

劇場での戦利品。
121120_004042.jpg
弐号機腹巻、男女兼用サイズなので女性はゆるすぎるとおもいます。観賞用にする・・・


以下感想です。畳んでおきます。ネタバレあります。
しっかし全然書ききれてない感。ぶわー
気になったことを色々!

・まさかの14年後
パラレルかと思ったよ。アニメ最終回の可能性の話の延長なの?っていう入り。
「そう簡単には騙されないぜこれは可能性のはなしだろう!?」ってかまえたけどどうやらこれは・・ガチっぽい・・・!!!
ミサトさんがラミアス艦長にみえますた。
りっちゃん、髪バッサリ切ったのは、ゲンドウパパへの未練を断ち切った的な意味がこもってるのかなぁ、と思った。反ネルフ組織にりっちゃんがいるなんて信じられん。ネルフのスパイじゃないかといまだに疑ってます。今回マギのくだりはスルー、赤木博士(母)のくだりも完全に描写されてないので、りっちゃんのゲンドウへの想いみたいなのが今回はないのかもしれないけど、そんなすっぱりなくなるようなものではないだろうと・・・
ほんとに裏切ったのか、スパイなのかは謎ですね。けどシンジがあんな簡単に拉致られるとは、ちょっとうまくいきすぎてるよなー、と。ゲンドウとしてはシンジ拉致られるのは得策ではないし。殺されちゃうかもしれなかったわけだし。スパイがいたとしか・・・
・マヤちゃん大変身
マヤちゃんがえらい方向に成長しました。びっくりです。若い男は使えねぇな!!発言。かっこいい。これはまた、年下女子にファンたくさんいそう。マヤちゃんがマヤさんになってしまった。
でもいまだにりっちゃんに恋焦がれてたらいいなぁとおもいます。
あと青葉君とかあの辺はやたら老けたな
・冬月先生の重要ネタバレ
エヴァ史上とても大事なキーポイントをいともあっさりバラしてくれた冬月先生。以前よりだいぶおじいちゃんになっている。
でもシンジとの将棋シーンは今回だいぶ癒された場面でした。崩し将棋にしてくれるあたり、あー、さすが、元先生。って感じで。
碇ユイが綾波ユイに変更されてたのも気になるポイント。なんか意味があるのかな。ゲンドウがもともと碇じゃなくて、ユイさんのほうの苗字もらってたもんなーアニメでは。
・アスカとマリのコンビがかわいい
猫耳ヘルメットかわいいにゃん!
すっかり仲間っぽく協力して戦ってる二人かわいかったです。
アスカは一番可哀想なやられかたをする子なので、今回もどうせひどい目にあわせられるんだ・・・って心配してたけど今回は元気で、安心した。
しかし次回がその分こわいです。前作の鳥葬はおそらくいろんな方のトラウマシーンだと思うし、監督はあれを超えることをしてきそうで、こわい。
アスカいい子なんだからあんま痛い目に合わせないであげてくださいー・・・!!
いつも一匹狼のアスカが、今回マリと一緒に居てくれるのは救われポイントでした。
EVAQ2.png



◆カヲシンのこと
・出会い
今回は鼻歌じゃなくてピアノ!カヲル君の指先が滑らかすぎてえろい。
シンジはチェロを弾く描写今回あったっけ、なかった気がするけど、音楽のできる子なんだなぁ。いきなり連弾。
「イイ!イイよ、君との連弾・・・」とか流石カヲル君だった。
以前は出逢いの段階で「カヲルでいいよ」「ぇ、ぁ・・・ぼくも、シンジでいいよ(照れ)」だったけど今回それはもう少し先だったのね。
けど初対面で触った。ここ重要

・星をみる
そういえば今回一緒にお風呂!も一緒に寝る!もないじゃないか・・・!!
それに相当するのが星とピアノなのかなぁ。ここででしたっけ「君に逢うために生まれてきた」は。
前回「かもしれない」だったのが断定的な言い方になってる!とあとになって知った・・・うああもっかい見にいかねばああああ
「君のことしか考えてない」的発言ごちそうさまでぇぁぃぁーーーッス!!!!!

・つらい現実を見せる
シンジの起こした惨劇をさらっと見せてくれるカヲル君。シンジはもうこれまでの段階でもだいぶグチャグチャだったのに、ここでボカーン!ってなったと思う。
けどカヲル君は、どんなときも希望は残ってると言う。このとき一緒にいたのが他の人だったらダメだったんだろうな~と・・・

・首輪を受け取る
外せるなら破棄してよぉぉぉぉぉ!!!!!とカヲシンファンみんな思ったよね、私もです。
あんな危ないもの!バトロワで付いてたアレじゃないか、まるで。
首輪シンジはとても可愛かったけど・・・
もうこのシーン、そのまま抱き着くかキスでもするかと、全国のカヲシンファンは気が気じゃなかったわけです。挙動がおかしい。
で、自分の首につけてしまう。ここでもう、フラグが立っちゃう。
『待てよ・・・今回も首が飛ぶのか・・・待ってくれ・・・!!』みんなそう思ったよね・・・顔面蒼白ですよ。

・タンデム
ダブルエントリーシステムってなんだそれ性的!!
二人でお揃いのプラグスーツだったのもウォオオオオ!!なんですけど、ていうかあの着替えは二人で同じとこでしたんだよね!?
同性だしあんなネルフだし衝立なんてないんだよね!!?
その間のやりとりがほしかったよ・・・・
このあたりで根暗のシンジ君はもう槍を抜くことしか頭にない。やばい香りがしまくる。

・バカシンジ
アスカ&マリコンビとの戦闘シーンはすごいかっこよかった。エヴァはやはし戦闘シーンが綺麗だなぁ・・・
アスマリは良いコンビというか百合っプルとしても成立しそう。
カヲル君の「そうか・・そういうことかリリン・・」が出てしまってウアアアアア死ぬうううううってなった
カヲル君はいつも達観してて、余裕を崩さない人だったが故にここの動揺は見てて泣きそうになった・・・
バカシンジと化してしまったシンジがカヲル君の「やめよう」を聞かずアホをする。ウアアアアア
お前言うこと聞けやあああああああ!!!!今回一番シンジにイラッとしたシーンだった・・・
以前は、カヲル君を殺す一択だったじゃないですか。けど今回カヲル君は、自分の死を回避しなきゃって判断したのに。
シンジおまえ!!!!
気づいたときにはもう遅くて、カヲル君の首がまた飛ぶ。うああああああん・・・・もうやだ・・・
セントラルドグマで、シンジのせいで、首落ちるっていう結果は全然変わってなかった・・・
カヲル君が破で自信満々で「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」って言ってたから、信じてたのに・・・!!
カヲシンが幸せになればいいとすら思ってたのに・・・!ずーん。


カヲル君首ポチャ後はあんまり記憶がありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

青狼ユリコ

Author:青狼ユリコ
一次・二次創作の雑食ブログ。
腐属性もありますのでごちゅうい。

リンク
最新記事
最新コメント
Web Clap
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。